耳鳴りが酷くなったら|大切な体の一部を守れ

このエントリーをはてなブックマークに追加

耳鼻科を受診する

ファミリー

機種や調整によってかわる

周りの方の声が聞こえにくくなったのを感じたら、すぐに補聴器を購入しなければいけないと思っている方もいらっしゃいますが、それよりも早めに耳鼻科を受診して検査をすると良くなります。聞こえにくくなる難聴も治療で改善する場合もあります。検査の結果、補聴器が必要という診断がでてから購入を考えても遅くありません。補聴器は、機種や調節によって聞こえ方が変わることがあります。どこの販売店で購入したら良いのか判断が難しいこともあるかもしれません。そのような時は、耳鼻科に出入りしているような業者を紹介してもらうという方法もあります。焦らず相談してみると良いでしょう。また、自分で販売店を探す場合は、ネットで全国にある補聴器販売店を検索できるサイトもあります。

購入後の点検や微調節

ただ、確認しておくと良さそうなことは多々あります。補聴器は、その方の測定結果に合わせて出来上がっても、実際は補聴器をつけた時の環境や感覚が合うのかが大事になります。その為、販売店によっては、補聴器をお試しで数日間借りることができる所もあります。できるだけ日常的な生活をする中で、快適さを見ることが必要です。また、補聴器は購入後の微調整が何度も必要な場合や急に故障する時もあるかもしれません。その為、通いやすい範囲の場所に販売店があることや、長く付き合って行けるスタッフのいる販売店を見つけると良いでしょう。そして、補聴器が安いものではありませんので、なくなってしまったり盗難にあった場合はどうしたら良いのかを心配している方もいらっしゃるかもしれません。事故保険制度のある販売店なら安心が続きます。