耳鳴りが酷くなったら|大切な体の一部を守れ

このエントリーをはてなブックマークに追加

耳鼻科による検査

シニア女性

楽しめる機能性

耳鼻科などの医療機関において、生まれつき・重度難聴である場合の選択肢に人工内耳を埋め込む手術などが提案されています。聴覚訓練などの必要があり、早期治療のためにも聴覚に違和感がある場合、早めに耳鼻科を受診することが大事です。軽度難聴でも健康な聴力まで回復できない場合もありますが、聞こえ方が理解できる増幅を目的とした補聴器を取り入れることは評価されています。特に補聴器を利用する場合、目立たないサイズで肌に馴染む自然なカラーを求める傾向にありますが、難聴のタイプや程度に合わせた補聴器ではデザイン性も評価されています。また、ソリューションにも着目し、ビジネスでのオン・オフなど、難聴に悩まされることをなくし、したいことができる・楽しめることが人気を集めている理由の1つです。

機器を導入するための検査

感音性難聴は一般的に発症するリスクが高い疾患で、内耳や聴覚神経に原因があり、情報を脳へ送る神経伝達がままならないため、聞き取りにくさを感じやすくなります。後天的原因の多くは加齢や騒音暴露で、耳鼻科での検査によって難聴レベルをチェックできます。会話の聞き取り難さの目安となる周波数は80dBHLであり、耳鼻科では聴力図によって補聴器の必要性をチェックしてくれます。難聴と一口に言っても、低周波と高周波の聞こえの低下によっては補聴器でも十分な音の増幅が期待できます。自覚的聴力検査などが耳鼻科では展開されており、難聴のタイプと程度を診断し、補聴器を導入する基礎となる検査で1人1人に合った適した機器を選択できます。